No.7 新しい風が吹いている

今年の事は今年のうちに。 今回の旅行と、2019年の振り返りを一緒にしようかと思います。 よかったらお付き合いください。 振り返りブログの最初にも述べたように、建築物や歴史、食文化やその中で営まれる人々の暮らしを通して、人間ってすっげぇ!と感動したと同時に、醜く残酷な一面、人間そのもののカオスを肌で感じた貴重な体験であった。そして、日本にいては感じられなかった、“自分のちっぽけさ”、それが妙に心地よかった。 ところで、そんな異文化や、ヨーロッパ各地で見かけた移民の人々、とにかく外に出てみると自分の輪郭がくっきりとしてくる。 自分の国の文化を大切にしている人々の姿を見て、改めて日本のことを想った。私は日本に生まれて良かったと思うし、この国の文化を誇りに思う。何処かと比べる必要なんてない。 僕らはきっと、変な民族なんだ。 中々個性の強い文化だと思うし、 英語が喋れないことにコンプレックス持ちすぎだろ。 英語が苦手な人は世界にたっっっっっっくさんいる。 今回そんな人達にもたくさん出会った。 さて、ポッと思いついて行ってしまえた自分に驚いたと同時にそんな自分を誇りに思うし、色んな形で私の中の何かを突き動かしてくれた全てのことに感謝したい。

もう二度と出会えない人達、景色、出来事。

ありがとう。

目を閉じると蘇る。風が聞こえる。

正直なところ、私はここのところすっかり自信をなくしていた。そんな私の背中を押してくれた、たった1ヶ月の間の数々の出会いを胸に、来年は新たに、新曲のリリースやライブ、面白いことをしようと思う。ぜひ、そんな新しい私と曲達に会いに来て欲しい。 

さて、次は何処に行こうか。 落ち込んだ時、イギリスの田舎、ストラウドのマーケットで出会った屋台のおじちゃんの笑顔と(赤い鼻で如何にもサンタ向きの顔であった)、そのおじちゃんの作った、冷え切った体を温めてくれたスパイシートマトスープの味を思い出すのだ。 今、私の中には新しい風が吹いている。 📷セブンシスターズ。暴風とともに、異世界に足を踏み入れたような感覚だった。

おじちゃんのスパイシートマトスープ。90%が恐らく優しさで出来ている。(因みに登場2回目)

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Tyler Reece. Proudly created with Wix.com